土地家屋調査士の仕事

土地家屋調査士の仕事WORKS

土地や建物はとても貴重な財産ですが、他の財産のように仕舞ったり預けたりして管理することができません。
そこで、大切な土地や建物をについて、その状況や所有者、債権者などの情報を公示する制度を不動産登記制度といいます。
たとえば、ある土地についての所在、種類、面積、所有者は誰・・・?
そのような情報を国が登記簿に記録し、地図や地積測量図とともに記録に残し、だれにでも公開する制度です。
不動産登記のなかでも土地や建物の位置・用途・面積などの言わば、「姿・かたち」を明らかにすることを目的とした登記を「表示登記」と言います。
私たちは、所有者等のみなさまの依頼による「表示登記」の申請手続をとおして、
不動産の管理や取引の安全を図るという面ばかりでなく不動産に対する国民の権利を守り、
併せて行財政施策の円滑な運営に寄与するという重要な社会的使命を果たしています。

建物の登記

・新しい家を建てた
・建物を増築した
・建物を取り壊した
・居宅を事務所にした
・登記されていない建物がある

土地の登記

・土地を分けたい
・複数の土地を一つにしたい
・田んぼを駐車場にしたい
・面積が間違っている

土地·建物の測量

・土地の面積や形状を知りたい。
・境界が分からない。
・境界杭を設置してほしい。

業務エリアAREA

土地家屋調査士は、測量や役所調査など現地で行う作業が多くあります。
当事務所はフットワークを重視し、名神高速道路、阪神高速道路8号京都線、西大津バイパスにアクセスしやすい山科に事務所をかまえました。

サムネイル

【京都府】
・京都市全域・宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・長岡京市・向日市 ・宇治田原町・井手町・久御山町・大山崎町

【滋賀県】
・大津市・草津市・栗東市・守山市・野洲市・湖南市・高島市
…及び上記周辺市町村